鈴鹿やまもと接骨院のスポーツ整体

2017年02月17日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

突然ですが、皆さんは普段自転車に乗っていますか?

そして、「自転車保険」にはいっていますか?

 

 

最近では、自転車事故を巡って自転車側が加害者に場合に高額な損害賠償が課されている事例が相次いでいます。

そういったことを受けて各都道府県で自転車保険の義務化が広がっています。

三重県でも新年度から義務化を検討するらしいので今後を見守りたいように思います。

 

 

a1180_015157

 

 

さて、自転車の話題も出たところで、今回は鈴鹿やまもと接骨院のスポーツ整体についてお話します。

 

自転車好きはもちろん、鈴鹿やまもと接骨院ではスポーツ全般を愛し、楽しむ方を応援します。

 

では、具体的にはどういったものになるかというと、

 

・KTテープ

・リアラインコア

・インディバアクティブ

 

を使ってスポーツ整体を行います。

 

KTテープ

まず、KTテープとはアスリートにとって高いパフォーマンスを発揮するために、世界で始めて合成繊維100%の素材で開発された、画期的なキネシオロジーテープです。

 

特徴は従来のテーピングに比べて、粘着性が強化されており発汗性、耐水性に優れているところです。

 

そのため、他のテープと比べて汗をかいてもはがれにくく、入浴やシャワー、湿気のあるスポーツ環境でも耐える事が出来ます。さらに、水中でのスポーツでも活用することが出来るので水泳競技を行っているアスリートにも使用することが出来ます。

 

IMG_0970

 

 

鈴鹿やまもと接骨院で大事な試合や記録会の前日にKTテープで筋肉の補助を行うことで、パフォーマンスを上げましょう!

 

リアライン・コア

次はリアラインコアです。

 

リアラインコアとは、身体のコアである骨盤と胸郭のゆがみを整える運動補助具です。

 

骨盤や胸郭にリアラインコアを装着し、身体の動きを制限して足踏み、歩行、スクワット、回旋運動、後屈運動を行うことで骨盤や胸郭が左右対称になります。

 

その結果、身体の可動域が広くなることで運動することが楽になるのです。

リアライン前 リアライン後

50代 ゴルフを週3回されている方です。

10分くらいの簡単な運動をするだけでこれだけの可動域が変わります。

これを続けていくと普段の練習では使えていない筋肉が使えるようになってくるのでパフォーマンスの向上が期待できます。

 

このリアラインコアは最近ではプロ野球選手も使ってトレーニングを行っており、注目度が高くなってきています。

 

インディバアクティブ

最後にインディバアクティブです。

 

このブログでも何回か紹介していますので、簡単にご説明します。

 

一番の特徴点は深部加熱により、患部を長時間高い温度に保つことができることです。

 

そのため血流の改善され、患部の細胞組織が活性化することができます。こうしたことから可動域の改善、疼痛効果、さらには骨折した骨の再生にも効果があります。

 

IMG_0480

 

 

もちろん今までご紹介したKTテープ、リアラインコア、インディバアクティブを組み合わせて施術を行うことも可能です。アスリートの方の状態を詳しくカウンセリングし、適切な施術をご提案しますのでよろしければご利用ください。

 

============================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、菰野町)、津市(河芸町、安濃町)
===========================================