鈴鹿やまもと接骨院の交通事故豆知識その⑤

2017年01月17日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

今朝も雪の影響か、救急車や警察車両が多く行きかっていますね。非常に滑りやすくなっておりますのでお車の運転には注意なさってください。

 

という私も、自宅アパートの駐車場での発車の際に、タイヤが滑ってしまいました。今週末も予報では雪が降る可能性があるらしいので気を付けておきたいですね。「スリップ イラスト」の画像検索結果

 

今回は交通事故豆知識第5弾ということで知っておいて損のない情報を再びお送りしようと思います。

 

今回は自損事故(単独事故)についてです。

「事故 イラスト」の画像検索結果

自損事故とは、

・ハンドル操作を誤ってガードレールにぶつかった

・飛び出した動物をひいてしまった

・アクセルとブレーキを踏み間違って壁にぶつかった

・縁石に乗り上げてしまった

 

などがあげられます。

 

こういった場合はどういった保険の補償が受けられるのでしょうか?

「むちうち イラスト」の画像検索結果

ほとんどのドライバーはおそらく任意保険に入っていると思いますが、ほとんどの方が対人、対物と一緒に「人身傷害補償保険」に加入されています。

 

人身傷害補償保険は、自損事故の場合でも自賠責保険とほぼ同じ内容で治療費などの補償が受けることができる保険です。ご加入されている保険会社に問い合わせれば、自己負担なく治療が受けることができると思います。

 

また、前回にお話した「搭乗者傷害保険」を付帯されている場合も補償が受けられる可能性があります。

 

さらに「自損事故保険(車両保険)」というものがあります。

車両保険は名前の通り車を直すための保険です。これを使えば自己負担なく車を直すことができます。

しかし!

これを使うと保険の等級が3下がってしまいます。等級が下がると年間で支払う保険料が上がってしまいます。

等級は1年で1等級ずつ上がっていきます。

つまり、車両保険を使うと3年間余分に保険料を支払うことになります。

このとき3年分の保険料と自分で車の修理代を払った場合を比べないといけません。

等級が高い(数字が大きい)ほど割引率が大きく、数字が小さいほど割引率が小さくなります。

もしかして車両保険を使わない方がお得かもしれません。

こういった計算は保険会社がやってくれますので一度相談してみましょう。

だいたい修理代が20万円を超えると車両保険を使った方がいいようです。

 

交通事故のことで困った際は鈴鹿やまもと接骨院にご相談ください。

============================================
鈴鹿市の交通事故の治療が得意な接骨院(整骨院)
 「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
   ↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
  休診/日曜・祝日
===========================================