鈴鹿やまもと接骨院の足がつった時の対処法

2017年07月27日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

今回は夏場に向けて起こりやすくなる足がつった時の対処法やどうして足がつるということが起きるのか解説をしていきます。

 

先日もテニスをされている患者さんが「足がつってしまったけどどうしたらいいの?」という問い合わせがありました。

 

また、産後の骨盤矯正をされている産後間もないお母さんからも「寝ていたら足がつってしまったけどどうしたらいいかわからない。」という問い合わせもありました。

 

足がつるという経験はあってもなかなかどう対処して良いか知識がない方が多いようです。

 

足がつりやすい夏場に向けて今回のブログで正しい知識を持っておきましょう。

 

足がつることの原因

足がつることの原因は大きく分けて3つあります。

 

水分、ミネラル不足

水分やミネラル分が不足すると足がつりやすくなります。ミネラルの役割の一つに筋肉を緩めるということがあります。

 

足がつるということは筋肉が縮んでしまっているということなるので、ミネラルが不足すると筋肉を緩められなくなってしまい結果足がつってしまうということです。

 

筋肉の疲労

運動をすると汗をかいて、体の中の水分とともにミネラルが失われやすくなります。ミネラルは筋肉を動かすためのシグナルを作る役割をします。ミネラルが不足すると筋肉を動かす負担が比較的に高まり、足がつりやすくなります。

 

血行不良

今は夏場なので少ないですが、寒くなり体が冷えると足がつりやすくなります。血行不良になるとミネラルイオンが全身に届きづらくなり、筋肉が収縮しやすくなります。その結果足がつりやすくないということです。冷房の効かせすぎなど体を冷やしすぎることは夏場では十分に気をつけたほうがいいですね。

 

足がつりやすい人とは?

今までは足がつることについての原因を述べてまいりましたが、ここでは足がつりやすい人を挙げて、なぜそうなるのかをお話しします。

 

こむら返り・足がつったイラスト

高齢者

高齢者は足がつりやすい人が多いとされています。原因は加齢による筋肉量の減少、脱水症状、病気による精神障害、冷え性、薬の副作用など様々な要因が重なりやすいためになります。

 

時には足がつりやすいということから病院にかかった際に重大な病気が見つかるというケースもあります。特に糖尿病は足がつるという症状がでやすいともいわれています。あまりにも足がつる症状に悩まさせている方は一度病院に受診されるほうが良いのかもしれません。

 

妊婦さん、産後のママさん

妊婦さん、産後のママさんも足がつる症状が多く出るとされています。それまでは足がつったことの経験がない方も症状がでてきたということをよく聞きます。

 

妊婦さんでは赤ちゃんに栄養が流れることや羊水にも大量の水分を使います。また体重も増えることにより筋肉にそれまで以上の負担が急に増えることになります。

 

産後も授乳で多くの栄養を持っていくことに加えて、忙しさなどで食事も偏りやすいということが原因であると考えられています。

 

服薬中の人

服薬中の人も足がよくつるといわれています。

 

  • 高血圧・狭心症
  • 甲状腺疾患
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • ホルモン剤

 

これらの治療薬には利尿作用や体内の電解質の働きかける作用のものがあります。その副作用で足がつるという症状が出ることがあります。

 

足がつった時の対象法

ここでは足がつった時の対象法をお話しします。いわゆるこむら返りといわれるふくらはぎの筋肉が異常に収縮して起こります。基本的には収縮したふくらはぎを伸ばすことで、筋肉の緊張をほぐし、伸ばすことで普段の正常な状態に戻すようにします。

 

  1. 膝を伸ばして足首を立てる
  2. 引き上げてキープ
  3. ゆっくりと戻す

 

この際に気をつけるのは足を伸ばすというイメージではなく「アキレス腱」を伸ばすということを意識することがコツです。こうすることでより解消しやすくなります。

 

http://all.massanlife.com/wp-content/uploads/2016/01/be434c705132561a0de8a01bea1bd9be.jpg

 

足を伸ばしてくれる人が近くにいるのであればこういったようにするのがよいでしょう。(サッカーが好きな方はよく見る光景だと思います。)

 

これらに加えてしっかりと水分補給をするようにします。その際にはミネラル分も補給しなければなりませんのでポカリなどのスポーツ飲料を飲むことをお勧めします。

 

骨盤矯正と足がつることについての関係性?

当院に来ていただいている産後骨盤矯正の患者さんにも足がつりやすい方がいました。その方は骨盤を矯正していくにつれて、「足がつらなくなった」ということをおっしゃっていました。

 

副次的な効果ですがこうしたように骨盤矯正から全身を整えると、足がつりにくい体になる方もいます。気になる方は鈴鹿やまもと接骨院までご相談ください。

 

================================================
鈴鹿市のスポーツのケガが得意な
接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================