骨盤の歪みは骨の変形?|鈴鹿やまもと接骨院の骨盤矯正

2018年03月19日

どうもこんばんは!

 

鈴鹿やまもと接骨院の院長山本です。

 

最近は気温も高まり、春らしい気候が続きますね。

 

こんなに暖かくなると、寒いから外に出ないという大義名分がなくなってしまいますね。

 

でも花粉が...という声が聞こえてきそうですが、それは置いときましょう。

 

kafun_tachimuka_woman

 

さて、今回は歪みについてお話ししていこうと思います。

 

 

結局、歪みってなんなの?

結論から言うと歪みとは筋肉のバランスの悪さです。

 

 

このバランスというのも前後のバランスであったり左右のバランスであったりしますが、それらが組み合わさって人の体は歪んでいきます。

 

 

もちろん、高齢者や病気を患っている人は軟骨のすり減りや、椎間板が潰れてしまい変形してしまっているばあいもあります。

 

 

後者の場合、歪みを直すということは難しいですし、そもそも骨盤矯正や姿勢矯正で直すということが正しくないということも考えられます。

 

 

ここでは高齢者の姿勢や歪みについては詳しく触れませんが、歳を取っても背筋のシャンとしたおじいちゃんになりたいものです。

 

obaasan

 

話が逸れてしまいましたが、前述した筋肉のバランスについての話に戻りたいと思います。

 

 

筋肉のアンバランスはなぜ起こるの?

見出しになぜ?と付けましたが、人に利き手や利き足がある時点で筋肉の左右差は当たり前のように生まれるでしょう。

 

 

仕事であったりスポーツもやはり特徴的な動きをする人達がほとんどだと思います。

 

 

つまり、人には大なり小なり筋肉のアンバランスはあり、歪みもあるということです。

 

 

ここで大なり小なりと言いましたが、大の方はどんな人なのかと考えたときに運動やスポーツをしていない人を想像しませんか?

 

 

もちろん運動の強度にもよりますが、運動を結構な強度でしている人の方が歪みのクセが強く出てしまうことが多いです。

 

 

では、特に運動していない人は歪まないのかというと、そういう訳でもありません。

 

 

運動をしていなくても日常生活で使いやすい箇所はよく使うでしょうし、使っていない箇所は全然使っていないでしょう。

 

 

このような人たちは良くも悪くも前後左右の筋肉のバランスがそこまで崩れていません。

 

 

意外とこういった人の方が改善しやすかったりします。

 

 

逆に高強度で運動や仕事をしている人の方が筋肉が必要以上に発達している可能性が高く、クセが強いため、いざ歪みを骨盤矯正や姿勢矯正で改善して行こうと思ってもなかなか改善できない可能性があります。

 

dumbbell_man

 

じゃあ、あんまり運動しない方がいいの?

それはもちろん違います!

 

 

正しくない姿勢や動きで運動や仕事をしているからダメなだけであって、運動自体がダメなわけでは決してありません。

 

 

ここで補足しておくと、歪みがあることで体に出る影響としては姿勢が悪くなってしまうだけでなく、それに伴い関節の可動域が低下してしまいます。

 

 

この状態で運動しても効率が悪いだけでなく、腰痛や膝、肩の怪我のリスクが格段に上がってしまいます。

 

 

人は正常な関節可動域が出ないと本来、動かさなくてもよい筋肉を無理に使って動こうとしたり、動く回数を増やして補おうとします。

 

 

これらの動きは無意識でやっていることなので本人に自覚はありません。

 

 

こうなってしまうと、知らず知らずのうちに疲れやすく、姿勢が保てず、さらに動かしづらい体に陥ってしまいます。

 

 

この負のスパイラルに陥ってしまった人は次第に体に痛みが出現しだします。

 

 

これがまた負のスパイラルを加速させます。

 

 

痛みをかばって、また悪い姿勢や動きをしてしまうからです。

 

 

痛みをかばうという動作は動物としての本能で行う行為なので、無意識に行ってしまいます。

 

 

なのでいくら意識して正そうと思っても動物である限り無理な行為になってしまいます。

 

esa_agenaide_woman

 

痛みが出ている状態で骨盤矯正は無意味?

無意味とまでは言いませんが、なかなか効果が出ずらいと思います。

 

 

鈴鹿やまもと接骨院では、まずこの痛みを取る作業から行います。

 

 

多少の肩こりや腰痛レベルであれば骨盤矯正や姿勢矯正で次第に改善していきますが、痺れや頭痛などの強い症状が出ている人は特別な治療が必要となってきます。

 

 

当院ではハイボルテージ治療や超音波治療器などを組み合わせて行うことにより腰痛や肩こりの痛みに対して最大限の効果を発揮していきます。

 

 

まとめると、ハイボルテージで痛みを取りつつ骨盤矯正で痛みの出ない体の基礎を作り、正しい動きができるようになった状態で簡単な体操、運動を行っていくことによって最終的に痛まない体を作っていくことが目標となります。

 

 

痛みはわりと初期段階で取れてくることがほとんどですが、正しく体を使えるようになるには時間が必要です。

 

 

例えば、右利きの人が明日から左手でご飯を食べてくださいと言われてできないように、脳と体の動きが一致するのにどうしても時間がかかってしまいます。

 

 

ただ、ケガをしているなどの異常がない限りやればできることですから、意識をしてしっかり取り組んでいきましょう。

 

 

鈴鹿やまもと接骨院で痛みの出ない体作りをモットーとしていますので、全力で患者様のサポートをしていきます。

 

================================================
鈴鹿市の骨盤矯正、姿勢矯正が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================