鈴鹿やまもと接骨院の足がつった時の対処法

2017年07月27日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

今回は夏場に向けて起こりやすくなる足がつった時の対処法やどうして足がつるということが起きるのか解説をしていきます。

 

先日もテニスをされている患者さんが「足がつってしまったけどどうしたらいいの?」という問い合わせがありました。

 

また、産後の骨盤矯正をされている産後間もないお母さんからも「寝ていたら足がつってしまったけどどうしたらいいかわからない。」という問い合わせもありました。

 

足がつるという経験はあってもなかなかどう対処して良いか知識がない方が多いようです。

 

足がつりやすい夏場に向けて今回のブログで正しい知識を持っておきましょう。

 

足がつることの原因

足がつることの原因は大きく分けて3つあります。

 

水分、ミネラル不足

水分やミネラル分が不足すると足がつりやすくなります。ミネラルの役割の一つに筋肉を緩めるということがあります。

 

足がつるということは筋肉が縮んでしまっているということなるので、ミネラルが不足すると筋肉を緩められなくなってしまい結果足がつってしまうということです。

 

筋肉の疲労

運動をすると汗をかいて、体の中の水分とともにミネラルが失われやすくなります。ミネラルは筋肉を動かすためのシグナルを作る役割をします。ミネラルが不足すると筋肉を動かす負担が比較的に高まり、足がつりやすくなります。

 

血行不良

今は夏場なので少ないですが、寒くなり体が冷えると足がつりやすくなります。血行不良になるとミネラルイオンが全身に届きづらくなり、筋肉が収縮しやすくなります。その結果足がつりやすくないということです。冷房の効かせすぎなど体を冷やしすぎることは夏場では十分に気をつけたほうがいいですね。

 

足がつりやすい人とは?

今までは足がつることについての原因を述べてまいりましたが、ここでは足がつりやすい人を挙げて、なぜそうなるのかをお話しします。

 

こむら返り・足がつったイラスト

高齢者

高齢者は足がつりやすい人が多いとされています。原因は加齢による筋肉量の減少、脱水症状、病気による精神障害、冷え性、薬の副作用など様々な要因が重なりやすいためになります。

 

時には足がつりやすいということから病院にかかった際に重大な病気が見つかるというケースもあります。特に糖尿病は足がつるという症状がでやすいともいわれています。あまりにも足がつる症状に悩まさせている方は一度病院に受診されるほうが良いのかもしれません。

 

妊婦さん、産後のママさん

妊婦さん、産後のママさんも足がつる症状が多く出るとされています。それまでは足がつったことの経験がない方も症状がでてきたということをよく聞きます。

 

妊婦さんでは赤ちゃんに栄養が流れることや羊水にも大量の水分を使います。また体重も増えることにより筋肉にそれまで以上の負担が急に増えることになります。

 

産後も授乳で多くの栄養を持っていくことに加えて、忙しさなどで食事も偏りやすいということが原因であると考えられています。

 

服薬中の人

服薬中の人も足がよくつるといわれています。

 

  • 高血圧・狭心症
  • 甲状腺疾患
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • ホルモン剤

 

これらの治療薬には利尿作用や体内の電解質の働きかける作用のものがあります。その副作用で足がつるという症状が出ることがあります。

 

足がつった時の対象法

ここでは足がつった時の対象法をお話しします。いわゆるこむら返りといわれるふくらはぎの筋肉が異常に収縮して起こります。基本的には収縮したふくらはぎを伸ばすことで、筋肉の緊張をほぐし、伸ばすことで普段の正常な状態に戻すようにします。

 

  1. 膝を伸ばして足首を立てる
  2. 引き上げてキープ
  3. ゆっくりと戻す

 

この際に気をつけるのは足を伸ばすというイメージではなく「アキレス腱」を伸ばすということを意識することがコツです。こうすることでより解消しやすくなります。

 

http://all.massanlife.com/wp-content/uploads/2016/01/be434c705132561a0de8a01bea1bd9be.jpg

 

足を伸ばしてくれる人が近くにいるのであればこういったようにするのがよいでしょう。(サッカーが好きな方はよく見る光景だと思います。)

 

これらに加えてしっかりと水分補給をするようにします。その際にはミネラル分も補給しなければなりませんのでポカリなどのスポーツ飲料を飲むことをお勧めします。

 

骨盤矯正と足がつることについての関係性?

当院に来ていただいている産後骨盤矯正の患者さんにも足がつりやすい方がいました。その方は骨盤を矯正していくにつれて、「足がつらなくなった」ということをおっしゃっていました。

 

副次的な効果ですがこうしたように骨盤矯正から全身を整えると、足がつりにくい体になる方もいます。気になる方は鈴鹿やまもと接骨院までご相談ください。

 

================================================
鈴鹿市のスポーツのケガが得意な
接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================

 

鈴鹿やまもと接骨院の柔道整復し

2017年04月25日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

最初に断っておきますとブログのタイトルにある、「柔道整復し」というのは間違いではありません。

 

今日は「柔道整復し」という言葉についての内容になりますのでこういったタイトルになりました。

 

今回は国語というか哲学のような話から、さらに当院鈴鹿やまもと接骨院の考える「柔道整復し」とはどういった意味を持つのかを語りたいと思います。

 

道着を着た男の子のイラスト(柔道・空手)

 

柔道整復師とは?

そもそも、なぜ「柔道整復し」というワードについてブログに書こうと決めたのかというと、検索ワードとして「柔道整復し」というワードが目に付いたからです。

 

つまり「柔道整復し」は「士」なのか「師」なのかどっちなのか?ということが皆様に知られていないということですね。

 

私どもは業界で慣れ親しんでいるので、もちろん「柔道整復師」という正解を知っています。ですが思ったよりも「柔道整復士」と混合させる方が多いようです。

 

「師」という漢字のつく職業とは?

辞書に寄れば「師」というのは

  1. 学問、技芸を教授するもの
  2. 僧侶、伝道者など宗教上の指導者
  3. 専門の技術を職業とするもの

とありました。

 

代表的な「師」という言葉がつく職業といえば「教師」になると思います。1にあるように学問を教授するという説明にぴったりですね。同じくらい「医師」も馴染み深い職業ですね。

 

私ども「柔道整復師」は3にある専門の技術を職業とするものという説明がしっくりくるような気がします。

 

生徒を褒める先生のイラスト

 

「士」という漢字のつく職業とは?

「士」という言葉を辞書で引くと、

 

  1. 男性、男子。または尊敬に値する人物。
  2. さむらい、武士
  3. 一定の資格、職業の人

 

代表的な職業としては弁護士、税理士、栄養士、司法書士、介護士、歯科技工士、作業療法士、理学療法士などがあげられます。

 

イメージとしては「士」という言葉には資格を持ち、専門の知識、技術を使う仕事をしています。

 

柔道整復師に与えられた「師」という意味合い

 

ここまで、「師」と「士」の意味合いについてまとめてきましたが、改めて考えてみると「柔道整復師」は「柔道整復士」でもよいのではないかという感想をお持ちになる方もいらっしゃるのでないかと思います。

 

確かに資格を持ち、専門の知識も持っており、仕事内容も「士」という言葉の付く職業に似ているものが多くあります。

 

ではなぜ「柔道整復師」ということになったのでしょう?

 

ここからは私の独自の解釈になりますが、柔道整復師は患者さんを治療し治すことで卒業させるということが本分であるから「師」という言葉がつけられたように思います。

 

ですから当院はしっかりと通院指導を行い、患者さんと相談し治療計画を決めて、それにそって治療を行ってまいります。

 

 

http://kids.wanpug.com/illust/illust4250.png

 

 

そして「師」としての勤めである、患者さんに健康であることを教授し、当院からの卒業ができるように指導を行うことを信条にしています。

 

今回のブログでは個人的な意見が多くを占めることになりましたが、当院を開院して以来からお話したかった内容です。これからもこういった初心を忘れずに精進してまいります。

 

 

================================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================

鈴鹿やまもと接骨院の整体院と接骨院の違いと有効活用

2017年04月21日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

今日は以前のブログでもご紹介した、整体院と接骨院の違いとどうしたら有効活用できるかということをお伝えします。

整体の施術のイラスト

 

 

まず、おさらいすると基本的に整体院では保険が使えず、接骨院や整骨院では保険を使って治療を行うことができます。ただし、接骨院、整骨院でも保険が使える場合と使えない場合があります。

 

しかし、整体院と接骨院、整骨院の違いは保険が使える、使えないだけではありません。

 

ここからは詳しく接骨院、整体院についてお話を続けてまいります。

 

接骨院(整骨院)とは?

 

基本的に接骨院は柔道整復師という国家資格を持っている人が治療を行うところです。ちなみに柔道整復師か医者でしか、「接骨院」、「整骨院」、「ほねつぎ」という治療院を名乗ることはできません。

 

ですから整骨院と接骨院は呼び名が違うだけで業務内容は同じです。

 

接骨院では病院と同じように保険の適応範囲内のケガであれば保険を使うことができます。

 

保険の適応外の施術は自己負担になります。転んで足首を捻ったときやスポーツの際の肉離れなどは保険は使えますが、慢性的な肩こりなどには保険が使うことができません。

 

整体院とは?

整体院とは、基本的に民間の資格を持った施術者が施術を行う治療院になります。まれに柔道整復師や医者があえて整体院を名乗ることもありますが、メリットはそれほどありません。

 

呼び名の関係から、整体院を医療機関と間違えられる方もいますが、整体院は医療機関ではありません。

 

医療機関ではありませんので、医療行為は行えませんので、保険も使うことはできません。

 

注意したいのが国家資格がないからといって腕がない治療家というわけではないということです。勉強家で研修やセミナーに出かけるなどの治療家ももちろんいらっしゃいます。整体院=よくないということではないのです。

 

接骨院と整体院の有効な利用方法

まず最初に、痛みや体の不調を感じたら、もちろん痛みの度合いにもよりますが、病院で画像診断を受けることも大切です。

ただし、腰痛や肩の痛みの原因が画像に映ることはほとんど考えられません。

 

そこで病院での治療に疑問を感じたり、治療効果が出ないとなると接骨院に行ってみることをお勧めします。保険の適応外でも自費の診療を受けることができます。

病院に行かずに当院に来られる方も多くみえますので場合によっては紹介状を持って行ってもらうこともあります。

 

その接骨院でも効果が出ないとなると、整体院も利用することを考えてもよいでしょう。ただしここでいう整体院というのはマッサージ屋とは別のものです。最近増えてきている、「30分2980円」などの店舗では少しの研修で配属されるアルバイトもいます。そういった方に当たるとむしろ体を痛める結果になることもあるのです。

 

マッサージを受けているお婆さんのイラスト

 

 

接骨院としてお伝えしたいこと

 

接骨院は健康保険が使える安いマッサージ屋ではありません。当院としてはしっかりと症状を治すという気持ちを持たれている患者さんにのみ来ていただきたいと思っています。

 

当院鈴鹿やまもと接骨院では院長ならびにスタッフ一同が患者様の症状が一日でも早く改善されるように取り組んでまいります。

 

接骨院と整体院を効果的に、うまく利用することで早く改善することを願っています。

 

 

================================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================

鈴鹿やまもと接骨院の肩の痛み治療

2017年04月14日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

今日は気になる方も多いであろう、肩の痛みについてお話しようと思います。

 

肩は痛みの原因はいくつか代表的なものがありますのでそれからお話しようと思います。

 

関節痛のイラスト(肩)

肩関節の痛みの原因

肩関節は人間の体の中でも可動性の高い部位です。腱板、滑液胞、靭帯、筋肉によってい構成されているので痛む部位によって対処法や治療法が異なってきます。

 

肩関節の筋肉や腱の損傷

四十肩や五十肩と呼ばれる肩の痛みは正確な傷病名としては「肩関節周囲炎」と呼ばれています。加齢によって肩関節の周辺が縮んでしまうことが原因と考えられます。しかし、はっきりとしたことはわかっていません。

 

腕が上がらなくなったり、手を前に伸ばすことが出来なくなったりします。夜間や朝起きたときに痛みがでるケースが多いです。

 

スポーツによる痛み

テニス、水泳、野球、ゴルフなどで肩を大きく動かしたり、肩を酷使するスポーツで痛みが起こります。

 

  • 腱板損傷
  • インピンジメント症候群
  • 上腕二頭筋長頭炎
  • 肩関節不安定症

 

などが挙げられます。

 

変形性関節症などの病気

変形性肩関節症は、関節軟骨が磨り減ったり、骨が変形することで関節周囲に痛みが起こります。この変形性肩関節症は原因がわかる場合とわからない場合があります。

 

わかる場合は腱板損傷、上腕骨壊死、関節リウマチが原因です。

 

わからない場合の変形性肩関節症は、股関節などと比べると発症率は低いです。なぜなら肩の関節は体重がかかる部位ではないため起こりにくいとされています。

 

肩の関節痛の治療法

では肩関節が起こった場合どのような治療をすればよいのでしょうか。ここでは整形外科と当院のような接骨院の得意分野の違いを示します。

 

整形外科では、

  • 投薬治療
  • 注射治療
  • レントゲンやMRIなどの画像検査

 

などを中心に治療をします。

 

投薬治療では基本的に痛みや炎症を抑える鎮痛剤等の内服液が処方されます。また、効果出ないときは座薬が処方されることもありますが、効き目がかなり強いので使用には注意が必要です。

また、湿布やテープ剤などの外用薬もあります。主に鎮痛効果がありますが内服液ほどの効果はあるとはいえないです。

 

注射治療では痛みの感じる部位にヒアルロン酸、ステロイド剤を注射することで痛みを軽減する可能性があります。

 

http://kids.wanpug.com/illust/illust3016.png

 

 

当院鈴鹿やまもと接骨院では電気療法や超音波、運動療法を症状によって組み合わせて治療を行います。痛みが出た期間や部位によってアプローチを変えて施術を行います。

 

動かなくなっている関節や筋肉に他動運動を行うことによって、可動域の改善を行います。

また、運動療法では自分で出来る詳しい方法、回数を当院で指導を行うことで改善を促します。

 

では整形外科と接骨院はどちらを選べばよいのか?

 

投薬や注射で効果が出ない方や、薬を内服した際の副作用が気になる方、注射が嫌な方は是非当院へお越しください。あくまで薬等の使用はその場での痛みを取ることに過ぎません。当院では体の痛みを取った上での根本改善を目指し治療を行います。

 

肩の痛みは痛んでからの期間が長くなるほど治りにくいものになります。肩に違和感を感じたなら、放っておかずに早期に治療に掛かることをお勧めします。

 

肩こり

================================================
鈴鹿市の肩の痛みが得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町、岡田町、石薬師、磯山、郡山、稲生町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、高岡町、菰野町)、津市(河芸町、一身田、白塚)
==============================================

鈴鹿やまもと接骨院で学ぶ整体院と接骨院の違い

2017年03月10日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

今回はお問い合わせの多い、整体院と接骨院の違いをお話しようと思います。字体がよく似ているので混合してしまっている方が多いようです。各々で出来ることや出来ないこと、得意なこと、保険が使えないかなど特徴が違いますのでここでお伝えします。

 

http://3.bp.blogspot.com/-A-NC_JxaCgU/UPzIBcxEEKI/AAAAAAAAK1g/zHGiWSsGmSI/s1600/seitaishi_man.png

 

整体院とは?

 

ではまず、整体院についてどういったものかという点についてお話します。

 

基本的に整体院は整体師、カイロプラクティック、オステオパシーなどの資格を持った方が施術を行います。ただし、これらの資格は民間資格で国家資格ではありません。

 

民間資格は資格にもよりますが、2週間程度で資格を取れるようなものもあります。そういったことだけで、一概に持っている技術を決めることはできませんがご自身が体を預けてよいのかの判断材料になるでしょう。

 

 

整体師・マッサージ師のイラスト(女性)

 

 

接骨院とは?

次に接骨院とはどういったものかということをお話します。

 

まず、接骨院は「柔道整復師」という国家資格に合格しなければ名乗ること看板を掲げることができません。「柔道整復師」という資格は、大学もしくは専門学校で筋肉、骨格、神経についての知識を学び、その学校からの認定を受けてからでしか受験資格がありません。

 

「柔道整復師」の資格があると保険が取り扱えるようになります。急性期での外傷や交通事故治療などは保険の適応ができます。

 

治療機器なども資格を持たない方は購入できない、医療認可されたものが購入することできます。整体院、エステ、リラクゼーションでは取り扱えない機器などを導入している接骨院も多いです。

 

 

どうやって見分ければよいのか?

ここまで整体院、接骨院の違いをお話ししました。ではよい整骨院、接骨院をどうやって見分ければよいのか?こういったことはなかなかわからないことが多いように思います。

 

ここで有効なのが、電話でこう問い合わせてみてください。

 

「マッサージはできますか?」

 

こういう質問をすればその治療院が信用に足るかを判断することができます。

 

 

ショートカットの女性看護師のイラスト

 

 

まず、接骨院での対応ですが、根本的にマッサージは保険の適応外になります。保険外では自由診療といった形でマッサージを行うことができますが、しっかりしている先生だと施術のことをマッサージという表現を使うことは絶対にありません。

 

逆に「マッサージ出来ます」という治療院は自分の施術に自身がないことの裏返しです。

 

整体院のケースでも自分に自信がある院では「マッサージ出来ます」とは言わないはずです。その方の症状に応じて、最適である施術方法を提案してもらわないのであれば、よい整体院ではありません。

 

================================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日

鈴鹿やまもと接骨院に通いやすい地域

鈴鹿市(三日市町、平田町、白子町、算所、旭が丘、神戸、西条、野町、末広、住吉、玉垣町、若松町、国分町)、亀山市、四日市市(楠町、塩浜町、采女町、河原田町、菰野町)、津市(河芸町、安濃町)
==============================================

 

 

捻挫、打撲、骨折の応急処置とは?鈴鹿やまもと接骨院の外傷処置講座

2017年01月25日

どうもこんにちは!院長の山本です。

先日の稀勢の里の優勝すごく喜ばしく思います!

影ながら応援してました。やっとという感じですね!

横綱!

 

「稀勢の里」の画像検索結果

 

さて、またしても雪が降ってしまいました(-_-)

最近の天気予報はきっちりと当ててくるなと感心しております。

こんな天気の日にスリップや転倒事故が多発してしまいます。

「スリップ イラスト」の画像検索結果

当院にも転倒してしりもちをついたや、首をむち打ちのように痛めてしまった方が続出しております。

そんな中、昨日、滑って転倒した際に足首を捻挫してしまいました。という方が来院されました。

写真を取り忘れましたが、腫れも強く内出血もあり歩くのも困難な状態でした。

そこで私は「冷やしましたか?」と質問しました。

患者さんは「周りの人は温めろと言うもので少し温めた」と言います。

なんてことを!!

どおりで腫れと熱感が強いわけです。

RICE(ライス)の法則を聞いたことありませんか?と聞くともちろん「ありません。」の返事。

RICEの法則とは

R:Rest レスト 安静にする

I:Icing アイシング 冷やす

C:Compression コンプレッション 圧迫する

E:Elevation エレベーション 挙上

この四つの頭文字を取ったものです。

私は中学か高校の保健体育で習った記憶があるのですが、一般にはなかなか知られていないのかもしれませんね。

これらは全てわざと血流を妨げています。

そもそも腫れるから痛いのです。できるだけ腫らさないようにしましょう。

この応急処置がしっかりと出来ていれば痛みが軽減するだけでなく、回復も早まります。

 

なかなか一般の方がアイシングや

安静はできても圧迫・固定まですることはできません。

鈴鹿やまもと接骨院ではエコーで検査し場合によってはギプス固定をする。もしくは紹介状を書いて病院で精密な検査を行ってもらうなど、外傷に対してもしっかりと対応していきます。

pic19

今回の患者さんは歩行困難でしたが、当院のハイボルテージ治療で痛みと腫れの軽減を行い、最後はヒール付きギプスを巻き歩いて帰ることができました。

当院の巻くギプスは歩行することが可能です。なので靭帯などの修復も早く、筋力低下を最低限に抑えることができ、固定除去後も復帰までが早いです。

ギプス

1週間我慢してしっかりとした体で過ごすのか、痛い、何だか不安感が続

くと言った不具合を残したまま一生生活するのか、選択肢は1つですね。

 

鈴鹿やまもと接骨院ではリハビリ・復帰まで責任を持って対応していきます。

sports_basketball

ケガをした。だけどこのままでいいのかな?と不安をお持ちの方は一度ご相談ください。

============================================
鈴鹿市の肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
 「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
   ↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
  休診/日曜・祝日
============================================

鈴鹿やまもと接骨院のロコモティブシンドローム予防とは?

2017年01月23日

こんばんは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

とつぜんですが、ロコモティブシンドロームという言葉はご存知ですか?

 

通称ロコモと呼ばれていて、日本語にすると運動器症候群のことです。加齢に伴う筋力の低下や関節の衰えや骨粗しょう症で介護が必要になったり、寝たきりになったりする危険性が高いことを言います。

 

平成19年に日本精整形外科学会が提唱した言葉になるので歴史は浅いのですが、高齢化が急激に進んでいるわが国では重要度が増してきているように思います。

 

 

親の介護をしている人のイラスト

 

 

ここで運動器障害の原因は大きく分けて、「運動器自体の疾患」「加齢による運動器機能不全」があります。

運動器自体による疾患とは、

 

・変形性関節症

・骨粗鬆症に伴う円背

・変形性椎間症

・脊柱管狭窄症

 

などがあげられます。

 

加齢による運動器機能不全とは、

 

・筋力の低下

・持久力の低下

・反応時間の延長

・バランス能力の低下

 

などです。

 

こう聞くと現段階で自身も心当たりがあったり、将来的に当てはまりそうで不安になってくる方も多いのではないでしょうか?

 

それもそのはずでロコモティブシンドロームの人口は予備軍を含めて約4700万人と言われています。あくまで推計になるのでここまで多いとは限らないですが、この数字はメタボリックシンドロームの人口である、約2000万人と倍以上にのぼっていることになります。

 

 

ではロコモティブシンドロームはどうやったら防げるのか?

 

最初に重要なのは、腰痛や膝の痛みなどを痛みが出たらそのまましておかず、せひ当院にご連絡してくださいということです。

 

・「少し痛いだけだから大丈夫」

・「周期的にだけ痛む」

・「仕事上しょうがない」

 

という方も多いと思います。

 

当院では痛みをまず取ることからはじまり、再び痛まないような体作りをサポートすることを目標としています。

 

椅子に座って運動をする人のイラスト(おじいさん)

 

 

ロコモ予防にはやはり運動をすることが最大の予防になりますが、痛みを持ったままだとさらに痛めてしまう可能性が高いです。ですから、痛みをとることを第一として、痛みの取れた場所が再び痛まないように、ストレッチや軽い運動の指導を行っています。

 

現状ではメタボリックシンドロームほどは認知度が高くありませんが、今後重要なワードになってくるでしょう。

 

スキップする人のイラスト(女性会社員)

 

いつまでも自分の足で歩くことがロコモ予防の目標です。

筋力の衰えと共に気力も衰えてしまいがちです。

そうなる前に何とかしていきましょう。

当院では健康の手助けを行っていきます。

============================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛み、ひざの痛み、スポーツのケガ
交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
↓↓↓

top

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
休診/日曜・祝日
============================================

子供のケガも鈴鹿やまもと接骨院へ!

2016年12月20日

こんにちは。鈴鹿やまもと接骨院です。

 

最近は寒くなってきましたね。当院では大きな南の窓のおかげで暖房はほとんど使っておりません。患者さんにも「ここはあったかいね」と言っていただいております。

身も心も温まると噂の鈴鹿やまもと接骨院でございます。

 

さて、今回は捻挫でこられた7歳の男の子についてお話したいと思います。

 

自転車の後輪に足が挟まってしまい、転倒した際に足首を捻挫してしまったということでした。

 

捻挫のイラスト

 

腫れが強く歩行が困難な状態でした。

整形外科にも行ってみたが骨折はないという診断はされたが特に処置はなかったということです。

しかし、しっかりと足をつかずに歩行していました。

親御さんも心配しており相談した結果、ギプスで固定することになりました。

 

そして、1週間後、痛みも引いたこともありギプスの取り外しをすることに

img_0630

 院長がギプスカッターでカットしている様子です。

カット後、腫れも引き、歩行時の痛みも全くない状態でした。

さすが子供の回復は早いです!

 

ただし、痛みは引きましたが固定後の拘縮や違和感はつきものです。

関節がまだしっかりと動く状態ではありません。

そのまま運動してしまったりすると思わぬケガにつながることも!

img_0634固定後のリハビリの様子です。

 

鈴鹿やまもと接骨院では固定して終わりではなく、その後のリハビリ・ケアまで責任を持って対応させていただきます。

当院は外傷の際の対応がしっかりとできます。

==========================================
鈴鹿市のスポーツのケガの治療が得意な接骨院(整骨院)
 「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
   ↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
  休診/日曜・祝日
============================================

腰痛、肩こりはハイボルテージ導入の鈴鹿やまもと接骨院まで

2016年12月6日

鈴鹿やまもと接骨院で取り扱っている機械の紹介です。

 

 

img_0483

 

 

 

ハイボルテージ療法は、高電圧電流による電流刺激を、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達させ、直接患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力の促進する治療法です。
従来の電気治療法に比べ、身体の奥深い患部への直接のアプローチができるため、非常に高い鎮痛効果と即効性が望めます。

 

 

 

hv

 

 

 

と、難しい説明をしましたが、簡単にお伝えすると

 

・電気治療による皮膚抵抗が低い為、ビリビリ感が非常にすくないので、電気の苦手な方でも比較的OK

・従来の電気治療に比べ短時間で痛みを軽減できる事から、効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多い

・レントゲンや投薬と違い副作用がない

 

とういう特徴があります。

短時間で腰痛や肩こりなど様々な症状に効果が期待できます。

長年、悩まされている腰痛、肩こりがスッキリします!

当院で行っている骨盤矯正と組み合わせるとより一層効果的です!

 

ぎっくり腰など強い症状が出る前に一度相談してみてください!

 

興味がある方は院長までご相談ください。

 

===========================================
鈴鹿市の骨盤矯正、肩の痛み、腰の痛みに強い接骨院
 「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
   ↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
  休診/日曜・祝日
=======================================

スポーツでのケガは早期治療が得意な鈴鹿やまもと接骨院へ

2016年12月5日

どうもこんばんは!

院長の山本です!

寒さも本格的になるのかと思いきや

まだ少し暖かい日が続きますね(゚∀゚)

寒がりとしてはありがたいことです!

 

先日、土曜、日曜と使って大阪へKTテープという

少し特殊なテーピングのセミナーへ行ってきました。

オリンピックや世界陸上など、

スポーツを見ているとカラフルなテーピングを

している選手をよく見かけると思います。

あれが全てKTテープというものです。

 

元々はアメリカで生まれたものですが、

最近では世界各国で使われています。

どういったものかというと、最大の特徴はよく伸びる!

しかし、よれにくい。なので効果が持続する。

そして速乾性があり水に強い!なのではがれにくい!

等々、従来のテープよりも性能が高くなっています。

 

カラーも10色あり、ちょっとしたスポーツファッションとして

取り入れる選手もいるくらいです。

 

でもテーピングってどういったときに貼るものなの?

という方も多くいるかもしれません。

テーピングは固定に使われたり、

筋肉と同じ動きをしてくれるのでサポート・機能改善に使われたりします。

そして、あまり知られていないのが予防として使われることもあります。

 

一番、私が使ってみて効果的だなと思えるのは

サポート・機能改善で使うときです。

打撲、捻挫の痛みをはじめ、関節の可動域が悪い、

または動かすと痛みがでる。

そういったスポーツ上でのケガや悩みをサポートしてくれます。

 

ただ気を付けなくてはいけないのが

痛みが軽減するので治ったと勘違いしてしまうことです。

後でひどいことになります(-.-)

もちろん治りを早くする効果もありますが、

あくまで軽減しているだけです。

当院では最新の超音波治療器やハイボルテージ治療器を

導入し早期回復の手助けをしています。

 

鈴鹿やまもと接骨院はスポーツ外傷の早期回復はもちろんのこと

予防にも力を入れています。

スポーツでの悩みがあれば早めにご相談ください。

img_0922  img_0919img_0921

=============================================
鈴鹿市のスポーツのケガ、交通事故治療が得意な接骨院(整骨院)
 「鈴鹿やまもと接骨院」

〒513-0803
三重県鈴鹿市三日市町字狭間984-1
(近鉄鈴鹿線三日市 徒歩10分 / 近鉄鈴鹿線平田町 車5分)

TEL 059-373-6326

FAX  059-373-5326

公式ホームページ
   ↓↓↓
http://suzuka-yamamoto.com/

フェイスブック

https://www.facebook.com/suzuka.yamamoto.sekkotuin/?ref=bookmarks

エキテン

http://www.ekiten.jp/shop_30982747/

診療日・時間
【月、火、水、金、土】  9:00~12:00
【月、火、水、金】 15:00~20:00
※木曜日、土曜午後は[完全予約制]です
  休診/日曜・祝日
===========================================